かんたんシンプルとにかく便利!あなたにピッタリのPOSシステム特集

サイトマップ >

え?まだ導入していない?
POSシステムのメリット教えます

POSシステムは業態業種を問わず、
店舗管理に必要な情報(売り上げ、在庫数、顧客データなど)を
管理することができるシステムです。
経営の改善と勤怠や金銭不正の防止に役立てることができます。
さて、他にもあらゆる機能を持つこのPOSシステム。
導入すると、人件費の削減や業務時間の短縮・削減、
人為的ミスの削減もはかることができます。

便利で手軽でお役立ち!おススメのPOSシステム紹介

さて、POSシステムの導入を考えている方、またPOSってそもそも何?という方のために、さまざまなPOSについてご紹介していきましょう。まずは入門講座としてPOSの基礎知識をお伝えするほか、業種別におすすめのPOSをご案内します。導入事例も記載していますので、参考になさってください。

そもそもPOSとは?POS・POSレジの基本情報

POSレジシステムとは

「POS」というのは、商品の名称や、値段、数量、販売した日時などの記録のことを言います。そして「POSレジシステム」はPOSの情報を記録するデータベースや、打ち込むための機器、などのPOSに関連するすべての仕組みのことを言います。最近では、クラウドのデータベースにインターネットを通じて保存されることが多いです。

POSレジとレジスターの違い

POSレジとレジスターの共通する点は、会計をしてレシートを発行するという点です。しかしPOSレジの場合は、さらにマーケティングに役立つような、有益な情報を集めるための機能が多く搭載されています。

レジスターの特徴

レジスターは古くからあるタイプのレジで、商品の会計や記録をする機能のみなので、お金を出し入れするだけの機器です。多くの人に「レジ」と言われており、部門ボタンで売上げを上げるタイプや、レジスターに単品の商品を登録して、押すだけで商品名と金額がレシートに印字され売上げを上げるタイプがあります。

POSレジの特徴

上記のレジスターの機能に加えて、商品を売上げた時点で、商品の情報以外に顧客情報も、同時に登録できるシステムを搭載したのがPOSレジです。POSとは「Point of sale」の略で、日本語に訳すと「販売時点情報管理」です。POSレジに登録されたすべての情報は、一度データベースに集約され、いつでも観覧することができます。普通のレジは計算機能のみでしたが、POSレジは性能が高いので頼れる存在になります。

POSレジのメリット

今まで時間と人件費をかけて行なってきた作業を、全てPOSレジに任せることで、作業の効率が早くなり、コストの削減もできます。POSレジはいつ、何を、いくつ、誰が、購入したかがデータ化されるので人気の商品や人気のない商品を把握することができます。さらにお客様に対応するスピードも速くなり、無駄なミスが大幅に減少します。

  • 顧客情報などのデータ収集ができる
  • 会計時がスムーズになり業務の効率化ができる
  • 従業員による不正を防止できる
  • 打ち間違いを防止できる
  • 複数ある店舗を一括管理できる

以上がPOSレジの大きなメリットになります。実際に導入するには費用がかかりますが、今では手持ちのパソコンやタブレットに、アプリをインストールするだけで、一般のレジ機能と変わりなく使用することもできます。

大型店舗だけじゃない!個人経営店こそ導入したいPOSレジ

個人でお店を経営している人は、POSレジを導入しようか考えたことが一度はあるでしょう。POSレジというのは普段は人が行う作業を、全てPOSレジに任せることができるのが大きなメリットで、新たに人を雇う必要がありません。つまりPOSレジは、人件費がかからず、給与の支払いがなくミスもない優秀なスタッフなのです。そのため、個人店だからこそPOSレジを導入した方が良いでしょう。

個人経営にぴったりな低コストPOSもある

個人経営の方ならなるべくPOSの初期費用を抑えたいですよね。そうするには、クラウドタイプのPOSレジアプリをインストールするだけで、すぐ使えるタイプがオススメです。商品画像の選択や、注文入力や会計、レシート出力などという基本的なレジ機能は備わっています。オープンしたてでまだお店が落ち着かない時でも、すぐに使用を開始することができ人件費の削減にもなります。

POSレジは売れ筋商品を特定してくれる

POSレジは売上げを上げた時点で、お客様の性別、年齢層やその日の天気や季節を、正確に記録してくれます。これらの情報を蓄積させることで、今後のマーケティング戦略に大きく役立ちます。このような作業を人がやると膨大な作業量になりますが、POSレジなら正確に効率よく行なってくれるので、あなたの頼れるパートナーになるでしょう。売上げアップを願うならPOSレジの導入を考えるのも良いかもしれませんね。

代表的な3業種をピックアップしておすすめ

世の中にはいろいろな業種がありますが、その中から代表的な3業種、「飲食店」「小売店」「美容室・サロン」をピックアップしました。この3業種にはユーザーが多く、各業種において人気のPOSシステムの機能についても簡単に触れていきます。


飲食店向けPOSシステム

飲食店向けPOSシステムは、主に売り上げデータや会計処理、人件費の管理などにかかる時間を大きく削減してくれるシステムです。店舗の規模や業態などにより、その店舗に最適なシステムを選ぶようにしましょう。

No.1…はんじょうPOS

現役の飲食店経営者が飲食店のためだけに開発した万能POS!

はんじょうPOSのHP画像
3つのおすすめポイント
現役の飲食店経営者が開発した、飲食店に必要な機能ばかりを盛り込んだ飲食店専門のPOS!
Android対応で、アップル社製品への一社依存を回避でき、端末の需給状況に左右されずに済む
勤怠管理や接客の向上など、飲食店経営の本業に専念できるうれしい機能ばかり
公式サイトはこちらから
商品特徴
飲食店を実際に経営しているスカイダイニングの代表が今までの経験を生かして開発した、画期的な飲食専用のPOSシステム
曜日別・時間帯別の集計や売り上げ速報、メニュー分析などなど、本来は本部が管理すべき頼もしい機能がたくさんアリ!
操作すると画面の遷移が分かりやすく、使い方が簡単で覚えるのが楽々。新しいスタッフ・アルバイトさんでも取り扱いやすい
口コミ評判
とにかく忙しい店で、終日お客さんがひっきりなし。スピードに対応できるPOSを探していたところ、はんじょうPOSに出合いました。非常に助かっています。
大手の専用レジを使っていたけど、不必要な機能が多くて使いにくかった。はんじょうPOSには無駄がなくシンプルな構成で、操作が便利です。
必要な機能はしっかり押さえてありながらも、操作の画面の遷移が分かりやすいですね。便利で助かります!

その他、飲食店向けPOSシステム

No.2…まいどシステム

飲食店経営者の「現場の声」を集約して開発したクラウド型のPOSシステム。飲食店に特化した充実の機能もすべてオールインワンで搭載です。

No.3…ポスキューブ

タブレット型POSで、タブレット型では業界初となる本部機能が付いたPOS。個人商店、中小規模の店舗に限らず、大型のチェーン店でも使用可能です。

No.4…でん票くん

飲食店専用のクラウド型タブレットPOSです。市販のタブレットのブラウザを使用し、アプリではないためインストールや更新も必要ありません。

No.5…テンポスエアー

飲食店専用に設計されたiPad Posで、スタッフの使いやすさにこだわって、レジでもハンディでも抜群の操作性です。英語圏の海外にも対応しています。

No.6…EC-orange

タブレット型のPOSシステムですが、Windowsタブレットにも対応しています。カスタマイズができて汎用性も高く、高い導入実績を誇っています。

No.7…ハヤワザ

タッチ機能端末を使用するPOSレジです。食べ放題・飲み放題メニューに対応するほか、オプション機能でiPadセルフオーダーシステムも使用可能です。

飲食店向けPOSの徹底比較についてもっと見る

小売店向けPOSシステム

小売業の場合、真っ先に顧客管理や商品管理の課題が提起されます。また、複数店舗を運営する場合は、本部と各店舗とのコミュニケーションの課題もあるでしょう。導入の際には、以上の課題を解決できるPOSを選択することが肝心です。

No.1…スマレジ

豊富な機能がウリの小売・サービス業全般対象POS!

スマレジのHP画像
3つのおすすめポイント
ユーザーから称賛の声が寄せられるほど、多数の導入実績
複数の店舗経営に欠かせない便利な本部管理機能を搭載
いつでもどこでも困っても、頼りになるアフターサービス
公式サイトはこちらから
商品特徴
タブレット型クラウドシステムのPOSで、小規模店舗から大規模展開まで対応可能。小売業全般での使い勝手の良さで定評あり
オールインワンで多機能ぞろい。ポイントシステムへの対応や在庫の変動履歴など、店舗経営にうれしいオプションあり
店舗の状況が瞬時にリアルタイムで分かる!店舗外でも店舗のデータを容易に入手できる!店舗の追加も管理画面から楽にタッチできる!
口コミ評判
とにかく使いやすい!の一言です。この使いやすさは開発者の人が現場の声を理解しているからに違いありません。
他社のPOSを使っていましたが、この商品は操作がかんたんで、私でも新人スタッフでも楽に覚えることができます。
機能の豊富さもさることながら、故障や操作に困ったときの相談などのアフターフォローが充実してうれしいです。

その他、小売店向けPOSシステム

No.2…Power@POS

クラウド型オールインワンパッケージの店舗管理システム。ネットショップとつなげることができ、アパレル・ファッション向けにも対応できるPOSシステムです。

No.3…NECプラットフォームズ

NECのグループ会社である「NECプラットフォームズ」のPOS専用機。業態や業種に応じて、最適なPOSシステムを構築できるラインナップが豊富に揃っています。

No.4…アラジンオフィス

中堅・中小企業向けにつくられた販売管理システムです。業種別・機能別に特化したパッケージで、多くの企業や店舗に導入され、高いリピート率を誇ります。

No.5…BCPOS

クラウド連動型のPOSシステムなので、クラウドによる情報の一元管理が可能。オプションプランが充実しているので、業種によってPOSをカスタマイズできます。

No.6…ユビレジ

特にアップル社製の端末に特化したタブレット型POSシステムで、小規模な小売店全般を対象としています。顧客管理機能なども搭載しています。

No.7…POSCM NEO

アパレル業界に特化したクラウド型のPOSシステムです。店舗サーバーは不要で、本部と店舗間の販売データの共有を実現し、情報を活用することができます。

小売店向けPOSの徹底比較についてもっと見る

美容院・サロン向けPOSシステム

美容室・サロンにとってのPOSシステムは、顧客情報の管理機能がまず重要視されています。顧客の来店動向データの分析は、経営と密接にかかわってくるからこそ。経営に一役買う美容院・サロン向けのPOSを選びましょう。

No.1…BIONLY

美容院・サロンワークに必要な機能を標準搭載!

BIONLYのHP画像
3つのおすすめポイント
美容・サロン経営の業務に欠かせない機能が標準でついている!
業界初!大手美容サロン・検索サイトの予約システムとフル連動!
営業時間外での予約受け付けが可能で、機会損失が激減!
公式サイトはこちらから
商品特徴
多くの美容院・サロンのオーナーから「使いやすい」「便利」など多くの称賛の声が寄せられた、サロン専用POSシステム
美容業界でも唯一、大手美容サロンの検索サイトの予約システムと連動しているPOS
iPad対応で、スマートな接客を演出してくれるPOSシステム。ネットでの予約機能だけでなく、施術のカルテ記録の機能や売上集計機能など、うれしい機能が標準で搭載
口コミ評判
POSの導入にあたっては、機能面がそろっていることが大前提。しかもPOS自体がスタイリッシュです。美容室・サロン向けで申し分ありません。
当初は他の商品を検討も、その会社から連絡なしで導入見送り。ビオンリー導入後もアフターサービスが良く、機能の追加やバージョンアップも楽にできますよ。
さすがはサロンに特化したPOS。現場スタッフの気持ちを理解してくれています。

その他、美容院・サロン向けPOSシステム

No.2…タカラベルモント

サロンに必要な機能をコンパクトにまとめたサロン向けPOSシステム。レジ機能や顧客管理、予約機能、売上管理など、サロンワークで必要とされる機能を備えています。

No.3…パワーナレッジPOS

大きくて使いにくいPOSレジのイメージを変えました。それでいてサロンワークに必要な機能をすべて搭載したオールインワン設計のPOSレジです。

No.4…レジポ

顧客管理に特化した機能を持っていて、ソフトをダウンロードするだけで使用が可能。現場の業務に必要な最低限の機能を絞り込んで搭載しているシンプルなPOSレジです。

No.5…SYNKA

美容院やエステサロン、ネイルサロンなどの店舗経営を支援するオールインワンのPOSレジシステム。店舗運営に伴うサービスを一元化することで、業務を向上させます。

美容院・サロン向けPOSの徹底比較についてもっと見る

入門ガイドPOSシステムでできるあんなことこんなこと

POSレジには店舗の運営において、非常に便利で役立つ機能がさまざま搭載されています。 それらの機能を使用することで得られるメリットや、店舗の運営にかかわってくる効果などについてご案内していきます。

POSレジの機能いろいろについて詳しく見る

POSシステム導入ビフォーアフター

POSシステムを導入したことで店舗経営にどのような良い変化が生まれたのか、「飲食店」「小売店」「美容室・サロン」「カフェ・レストラン」「居酒屋」の5つの業態に分けて、導入事例をご紹介していきます。

POS導入事例のBEFORE→AFTERについて詳しく見る

POSと一言で言っても、いろんな種類がある

POSシステムには「POS専用機」「POS専用機とタブレットの中間型POS」さらに「タブレットPOS」と、いろいろな種類があります。各機種それぞれに向いている店舗の規模や特徴があるので、種類別に見ていきましょう。

POS専用機
小売店全般を対象とし、各種機能を豊富に備えた専用機です。オプションの充実、操作性の高さが特徴です。
POS専用機と
タブレットの中間
iPadなど市販のタブレットではなく、機種ごとに独自の高機能タブレットを使用。POS専用機よりも安価です。
タブレット
アプリをダウンロードすることで使用可能になるタイプで、比較的シンプルな機能に特化しています。

POSシステム タイプ別比較表

上述したPOSシステムの3種類別に特徴を記した比較表をご紹介します。ご自分の店舗にPOSシステムを導入する際、どのタイプが業務に最適なのか、現実的にみて導入可能であるかどうかを考えてみましょう。

タイプ/項目 POS専用機 POS専用機と
タブレットの中間
(多機能タブレット型)
タブレット型
導入コスト コスト面は一番高価。設置工事費用なども必要。 専用機より安価。導入組合せを柔軟に選択可能。 一番安価。ただし機能追加の際には別途費用が必要。
機能 小売店全般に必要な機能は充実している。 必要な機能が厳選された上で備わっている。 基本的な機能に、利用者自身で追加する。
操作性 機種ごとに、専用の操作方法を採用。 タブレットでの直感的な操作が可能。 タブレットでの直感的な操作が可能。
拡張性 基本的にカスタマイズが難しい。 カスタマイズは比較的容易。 基本的には、対応アプリやソフトの追加のみ。

店舗に合ったPOSシステム選びが成功への近道!

一言でPOSシステムといっても、POSそのものには種類があります。まずは店舗が抱える課題を見極め、課題を解決してくれるPOSのタイプをよく考えてから導入を検討しましょう。店舗に最適なPOSの導入は、店舗経営を成功に導くはず。経営者の皆さまのご健闘をお祈りしています!

【免責事項】
このサイトは2016年7月現在、一個人がPOSシステムやPOSレジについてリサーチした内容を基に構成しています。最新のPOS情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。