サイトマップ >
HOME » 飲食店向けPOSの徹底比較

飲食店向けPOSの徹底比較

こちらのカテゴリでは、「飲食店」向け専用のPOSを厳選11商品ご紹介していきます。

飲食店向けの人気おすすめPOS紹介

紹介するのはいずれも評判の良いPOSです。これからPOS導入をしたいと考えている飲食店経営者の皆さまにとって、経営の力になるPOSばかり。ぜひご覧くださいね。

はんじょうPOS

飲食店に特化したオールインワンのPOSシステム。多彩な管理機能を持ち、勤怠や金銭の不正も防げます。簡単な操作で覚えやすく、汎用性が高いにもかかわらず導入コストが安い人気のシステム。開発・販売するのが実際に飲食店を運営する会社だからこそ、飲食店舗が欲しい機能にこだわったPOSです。

はんじょうPOSを詳しく見てみる>>

まいどシステム

パソコンにインストールすればPOSレジとして利用できるアプリです。 飲食店に特化したシステムで、売上管理や勤怠管理、損益管理、予約管理、集計機器などすべてオールインワンで搭載されています。

まいどシステムを詳しく見てみる>>

ポスキューブ

カスタマイズ可能なタブレット型POSです。タブレット型では業界初となる本部機能が付いたもので、飲食店の経営・運営に求められる機能が豊富に搭載されています。

ポスキューブを詳しく見てみる>>

でん票くん

飲食店専用のクラウド型タブレットPOS。市販のタブレットのブラウザで操作し、人数制限なく使用できます。気軽にPOSレジやオーダーエントリーシステムを導入できるように低価格にこだわったPOSです。

でん票くんを詳しく見てみる>>

テンポスエアー

飲食店専用に設計されたiPad型のPOSです。操作性の高さがウリで、レジでもハンディでも使いやすい仕様になっています。居酒屋や中華料理店などメニュー数・オーダー数の多い業態にも対応できます。

テンポスエアーを詳しく見てみる>>

EC-ORANGE

タブレット型のPOSシステムですが、ウェブアプリのためiPod touch、iPad、Windowsタブレットに対応しています。カスタマイズできるため汎用性が高く、人気のPOSシステムです。

EC-ORANGEを詳しく見てみる>>

ハヤワザ

iPod touch、iPadなどのタッチ機能端末を使用する飲食店向けのPOSレジです。24時間365日サポートで、ハードウエアのトラブル時には代替機を貸し出しするなど手厚いサポート体制です。

ハヤワザを詳しく見てみる>>

東芝テック

大手トップ企業が飲食店向けに開発・改良したPOSシステムです。店舗運営をより良い方向に導くために開発されたPOSパッケージソフトウェアで、 既存のPOSの新しい機軸となる機能を搭載しています。拡張機能も標準パッケージで対応ができます。

東芝テックを詳しく見てみる>>

ブレイン

リーズナブルかつコンパクト、シンプルでデザイン性に優れ、操作性も簡単なPOSレジです。オシャレでスタイリッシュなPOSレジとして、ドイツの世界最高峰の国際的デザイン賞を受賞するほどです。

ブレインを詳しく見てみる>>

寺岡精工

寺岡精工のPOSにはいろんなラインナップがあります。なかでも店舗の形態に合わせて選択できる「Delious」を用いて優れた販促効果を発揮し、売り上げ向上に貢献することが可能です。

寺岡精工を詳しく見てみる>>

カシオ

カシオの飲食店レジスターは、「ネットレジ」が中心。「ネットレジ」は、レジ自体の外見や使い方をみれば他のPOSレジ機種とあまり違いがないようですが、ネット接続の機能を十分に備えています。

カシオについて詳しく見る>>

POSシステムの種類

「POSシステム」と聞くと、小売店などで利用されているようなレジタイプのものが最初に思い浮かぶことと思います。 それは「POS専用機」といわれるもので、POSシステムには他にも種類があります。 以下、POSの種類別に挙げてみましょう。

POS専用機

一番思い浮かぶのは、いわゆるレジ台の上に置かれている「POSレジ」でしょう。ハード面が大きくてコストは一番かかります。とはいえ、必要な機能が基本的に搭載されています。

中間型POSシステム(多機能タイプのタブレット型)

大きな機械(POS専門機)やiPadなどのような市販のタブレットではなく、機種ごとに独自の高機能タブレットを使用するタイプ。業務形態に合わせたソフトとハードを組み合わせて選択することができます。

タブレット型POSシステム

タブレット端末やスマートフォン端末を利用するタイプのPOSシステムで、アプリをダウンロードすることで使用可能になります。

テーブルで会計ができるPOS機能

飲食店でPOSを導入することで様々なメリットがあります。普段行なっていた動作もPOS機能にサポートしてもらうことで、作業の効率化ができ、ミスも少なくなります。具体的にどういった利点があるのか詳しく探っていきましょう。

レジの混雑や会計時のごたつきを解消できる

お客様がタッチパネルで注文ができる、セルフオーダー端末から注文を受けると、店員が注文内容を聞きに行く、注文内容を厨房に伝える動作が省ける上に、厨房もすぐに調理を始めることができます。この一連の流れをすべてセルフオーダー端末で行うので、お客様に早く料理を出すことができます。これから、こういった機器の導入を考えているなら、POSレジとセットで導入をするのがオススメです。POSレジを導入すると、会計時のミスが減り、会計時の待ち時間も大幅に短縮できるので、お客様のストレスを解消することができます。

クレジットカードでの支払いにも対応できる

POSレジとは別に、クレジット決済をするCAT端末を導入すると、クレジットカード支払を希望するお客様にも対応できるので、様々なニーズに応えることができます。また、POSレジとCAT端末が連動して、自動でクレジット決済を登録できるものもあります。店舗にクレジット決済を導入すると、会計がスムーズになります。会計時に小銭や紙幣の支払いが続くとお客様を待たせるので、ストレスを感じさせてしまいます。こういったことを避けるにはクレジット決済が大変便利です。また、現金以外の支払い方法があるということで、より多くのお客様のニーズに対応することができます。さらに、お客様がクレジットカードを持つと、財布と相談をしなくなるので販売単価が上がります。

ホールスタッフの負担が軽くなり、キッチンスタッフの業務が円滑化する

ホールスタッフがハンディターミナルから注文をしたり、お客様が卓上にあるタッチパネルで注文をすると、キッチンにあるディスプレイに注文をしたメニューが掲示されます。さらにこのキッチンディスプレイには、一定の時間が経過すると警告が表示され、調理をする優先順位を正確にわかりやすく教えてくれるので、厨房スタッフの業務効率化を図ることができます。

POSを導入した店舗の口コミ

実際にPOSシステムを導入した飲食店や他の店舗は、どういった効果があったのでしょうか。気になる実際の声を聞いてみましょう。

居酒屋店・店長の口コミ

今までお客さんから注文があると、ホールスタッフが席まで行って注文を聞いて、ホールスタッフが厨房に注文を伝えて、それから厨房のメンバーが調理をするっていう流れだったんだけど、実際、お酒飲んで酔っているお客さんが大半だから、トラブルが多発していました。注文していないとか料理が届くのが遅いとか、クレームに近いこともありましたよ。でも、POSシステムを導入してからはそういったトラブルも激減しました。お客さんが卓上のタッチパネルで注文するので、注文履歴も残っているでしょ?しかも注文の優先順位も、厨房のメンバーが把握できるので、早くお客さんに料理が出せる。中間会計もタッチパネル端末で確認できるのでお客さんもやりやすいと喜ばれています。

カフェ店・店長の口コミ

会計時にクレジットで支払いをしたいというお客様が多かったので、この機会にレジから見直してみて、POSレジとクレジット決済ができる端末を導入することにしました。私たちはランチもやっているので、昼時になるとお客様がいっぱい来店して満席になります。会計時になるとレジ前には長蛇の列ができ、お客様をお待たせしていました。そんな中、クレジット決済のお客様はカード出して会計がスムーズにできるので、今まで列ができていたレジ前も混雑をしなくなりました。導入してみて思ったのは、クレジット決済をするお客様が思っていたより多いということです。来店する半分以上の方がクレジットカードを使うので、単価も上がって一石二鳥です。

服飾店・マネージャーの口コミ

私たちの店では、洋服以外にもアクセサリーや細かい雑貨も販売しているので、棚卸しがとても大変な作業でした。でもPOSシステムを採用してからは、ハンディタイプのPOSと連動するので、在庫の棚卸しの作業が効率化されて、より正確な棚卸しをすることができるようになりました。POSレジを導入してからは、販売しながら在庫の確認ができるので、在庫を切らすことや、過剰な発注を防ぐことができました。また、他の店舗の在庫状況も確認することが簡単にできるので、自店にない商品もお取り寄せや、他の店舗に在庫がある、とお客様に提案できるので販売タイミングを逃すことが減りました。