サイトマップ >
HOME » 飲食店向けPOSの徹底比較 » カシオ

カシオ

大手メーカー「カシオ」が開発・販売しているPOS系「ネットレジ」について、商品の特徴やおすすめポイント、価格の目安、会社情報などをリサーチしました。

カシオのPOS「ネットレジ」の概要を紹介

まずはじめに、カシオのPOS「ネットレジ」について、商品の特徴を紹介します。

カシオのPOS「ネットレジ」HP画像

画像参照元:カシオ公式HP(http://casio.jp/ecr/)

商品の特徴

カシオの飲食店レジスターは、「ネットレジ」が中心となっています。「ネットレジ」は、レジ自体の外見や使い方をみれば、他のPOSレジ機種とあまり違いがないようですが、ネット接続の機能を備えている特徴があります。

ネットに接続することで、レジに集積される売り上げ情報を管理、分析でき(※売上集計管理サービス)、飲食店向けに発売されているPOS専用機と同様の機能を持っています。

また、レジ清算の際に日報が自動的に作成できる「帳票自動作成」機能があり、入金された金額だけでなく売り上げの詳細まで作成が可能。これにより閉店後の集計は必要なくなります。このほか、メニューごとの売り上げや、1日の繁忙・閑散時間もデータで確認できる機能が付いています。

【商品のおすすめポイント】

  • ネットワーク接続やクレジットカード処理などにも対応。
  • さまざまな角度から売上情報の確認・分析が可能。
  • 帳票自動作成機能がある。

【料金】例:ネットレジTK-5500(※初期導入費用/レジ1台あたり)

  • 初期設定料(登録料金):¥3,000(税抜)
  • 設置料金:¥22,000(税抜)
  • 操作説明料金:¥8,000(税抜)
  • プログラム設定料金:¥20,000(税抜)

【口コミ評判】

他社のPOSレジを使用していましたが、コストパフォーマンスを考えてネットレジ対応の多機能レジスターを導入することにしました。ランニングコストがPOSレジの約半分に抑えられたうえ、操作性や機能性も満足のいくもの。売り上げ状況の把握に役立つ速報機能も気に入っています。

カシオさんのネットレジを導入して、フロント業務のオペレーションを統一することに成功しました。ネットレジを使うことで、より正確な現金管理に役立ち、きめ細かな売上管理ができるようになりました。現金精算やクレジット決済の効率化、売上集計管理の徹底など、フロント業務の効率化に役立っています。

ネットレジと売上集計管理サービスを導入しました。売上集計やメニュー分析などに活用でき、非常に助かっています。店舗運営に欠かせません。

販売会社情報

  • 会社名:カシオ計算機株式会社
  • 所在地:東京都渋谷区本町1-6-2
  • 設立:1957年6月1日

操作性・機能性ともにバツグンの「POSシステム」が他にも!>>