サイトマップ >
HOME » 小売店向けのPOSレジ徹底比較

小売店向けのPOSレジ徹底比較

ここでは、「小売店」向けの専用POSを7商品厳選して、紹介していきます。

小売店で活用されているおすすめのPOS

以下、各ページで取り上げるPOSを簡単に紹介していきましょう。

POWER@POS

ネットショップとつながることのできるアパレル・ファッション業界向けのPOSシステム。POSには、タグ発行機能やハンディターミナル連携機能、商品マスター自動登録機能が搭載されています。

POWER@POSを詳しく見てみる>>

スマレジ

小売サービス業を対象にしたタブレット型のPOS。ユーザー側が機器を揃えて、セットアップすることで利用が可能になります。POSレジとして必要な機能が一通り網羅されています。

スマレジを詳しく見てみる>>

NECプラットフォームズ

NECのグループ会社である「NECプラットフォームズ」のPOS専用機は、業態業種に応じて最適なPOSシステムを構築できるラインナップが豊富に揃っています。

NECプラットフォームズを詳しく見てみる>>

アラジンオフィス

「アラジンオフィス」は、販売業務の一連の流れを管理する販売管理システム。中堅・中小企業向けにつくられており、高い導入実績とユーザーの高リピート率を誇ります。

アラジンオフィスを詳しく見てみる>>

BCPOS

「BCPOS」はクラウド連動型のPOSシステムで、商品や在庫、顧客情報などをクラウドで一元管理できます。お手持ちのパソコンにインストールするだけで、POSシステムとして利用するシステムです。

BCPOSを詳しく見てみる>>

ユビレジ

専用端末を導入することなく、iPadを端末にすることで簡単な操作性を実現したタブレット型POSシステムで、小規模の小売店全般を対象としています。特にアップル社製の端末に特化しています。

ユビレジを詳しく見てみる>>

POSCM NEO

POSシステム「POSCM NEO」は、小売業のなかでもアパレル業界に特化したクラウド型のPOSシステムです。ネットに接続することで、情報の一元管理ができます。

POSCM NEOを詳しく見てみる>>

POSシステムの種類

「POSシステム」と聞くと、小売店などで利用されているようなレジタイプのものがまず頭に浮ぶことでしょう。それは「POS専用機」といわれるもので、POSシステムには他にも種類があります。 以下、POSの種類別で紹介しましょう。

POS専用機

まっさきに浮かんでくるのが、いわゆるレジ台の上にある「POSレジ」です。ハード面が大きくて3つの中で一番コストがかかりますが、レジに必要な機能が基本的に搭載されています。

中間型POSシステム(多機能タイプのタブレット型)

大きな機械(POS専門機)やiPadなどのような市販のタブレットではなく、機種ごとに独自の高機能タブレットを使用するタイプ。業務の形態に合わせたソフトとハードを組み合わせて選択することができます。

タブレット型POSシステム

タブレット端末やスマートフォン端末を利用するタイプのPOSシステムで、アプリをダウンロードすることで使用可能になります。

ECサイトの運営をしているお店の場合

小売店で実店舗とECサイトの両方で、商品が売れると在庫を把握するのが難しくなります。サイトで注文を受けた商品が、実店舗で売れてしまったので在庫がない、なんてトラブルも発生してしまいます。そこでおすすめなのが、実店舗とECサイト両方の商品、在庫管理などを自動管理してくれるPOSが役立ちます。

ECサイトと実店舗の運営を並行で行なうことに関する問題点

よくあるのが、ECサイトで商品が売れると実店舗の商品や在庫を減らす必要があり、逆に実店舗で商品が売れると、ECサイトの在庫を減らさなければいけません。これを見逃してしまうとトラブルになってしまいます。さらに、ECショップに関しては365日24時間運営しているので、休日でもECサイトや在庫を気にかけないといけません。

そんな中で、在庫が薄くなったら新たに発注をするという先を見越した作業も必要になるので、総合的に見てECサイトと実店舗を管理するというのは大変難しいものになります。

導入するメリット

上記のような問題点を解消するにはPOSを導入することをおすすめします。どういったメリットがあるのかお教えします。

実店舗だけでなくECサイトの在庫数も自動で調整してくれる

ECサイトの在庫数や売り上げた商品を自動で調整してくれるので、確実で正確な在庫管理をすることができます。また、在庫管理が自動化すると経費の削減や、在庫切れのトラブルも防ぐことができます。

「売れ筋」「死に筋」商品をしっかりと把握できる

在庫管理を自動化すると自然と、よく売れている商品と売れていない商品が分かるようになります。このような情報を把握することは、売上げを伸ばすためには必ず知る必要があります。

人気のある商品を売るには、売り出すタイミングや、在庫数の数を調整することが大切です。そういった細かな動きが売り上げに繋がるので、POSを利用して売れ筋と死筋をしっかりと把握するようにしましょう。

売れ筋管理の分析をすることが売上げを高める

売れ筋管理をしっかりとすると、季節によって売れる商品、年齢別や性別で売れる商品、という細かい情報が分析できるようになります。このような情報は日々変化していき、さらにデリケートな情報なので管理や把握をするのが難しいです。

こういった情報をPOSが自動で行うので、この情報をもとに細かい分析をすることができ、さらに品揃えに反映することができます。商品をタイミングよく売り出すと、お客様のニーズに一致して収益アップが期待できます。

よくある質問

【Q】顧客の管理はできますか?

【A】POSによっては顧客管理ができるものもあります。ただ顧客管理というのは非常に幅の広い情報になるので、より高い精度の顧客管理をしたい場合は、それなりのPOSを導入することが必要です。

顧客管理をしっかりと行なうことで、売上げアップに繋がるので、顧客管理を導入するようにしましょう。

【Q】バーコードがない商品の販売は可能ですか?

【A】バーコードがない商品でも登録して販売することができます。また、POSによってはバーコード発行機能があるので、バーコードを印刷して使用することもできます。

【Q】手持ちの端末を使用することはできますか?

【A】POSの種類によっては手持ちの端末を使用することが可能です。タブレットやスマホ、パソコンの端末に、アプリをダウンロードすることで使用することができます。そのため、新たに機材を導入する必要がなく、費用も安くなります。

【Q】利用者ごとに権限の個別設定はできますか?

【A】ほとんどのPOSは個別設定が可能です。また細かく権限が設定できるものもあるので、不正や誤操作を防ぐことができます。