サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座

売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座

こちらのカテゴリでは、「POSレジの入門講座」として、POSシステムについて解説していきます。

便利アイテム「POSシステム」「POSレジ」について解説

「レジ」とは、「キャッシュレジスター」の略。アメリカで開発され、日本語では「金銭登録機」と翻訳され「電子レジスター」とも呼ばれました。今では「レジ」と呼ばれることが多いです。

レジスターは、商業店舗で商品やサービスの金額を計算・記録し、不正を防ぐために生まれたもの。機械からPC型へ、そこからさらにクラウドに連携したタブレット型へと進化してきました。結果、現在では「POSシステム」「POSレジ」を使用するお店もだいぶ増えてきています。

従来のレジスターで管理していたお店のオーナーさんも、手作業の集計管理の大変さや煩わしさから続々とPOSシステムを導入。 「集計管理が短時間でできるようになった!しかも、簡単で確実!」 とうれしい声を上げている方が多いと聞きます。

もちろん従来の「電子レジスター」も非常にシンプルでわかりやすくなりました。レシート(売上明細書)を発行する機能や、各商品の売り上げを印字できるレポート機能、部門管理機能、単品管理機能、釣銭計算機能、自動釣銭機能、割引・割増機能なども備わっています。 お店の業種や規模、売り上げの内容によってはそちらの方がおすすめの場合も。

しかし売り上げのアップを目指すなら、もしくは売り上げがすでにアップし、集計管理が追い付かないようになっていたならば?ここはPOSシステムの導入を考えるタイミングかもしれません。

POSレジは金銭のやりとりをした時点で、販売情報を管理してくれるシステムを搭載したレジです。販売情報が蓄積・分析されることで、お店の売り上げ改善を図ることができます。従来のレジでは、金額や商品部門を手打ちすることで打ち間違いの人為的ミスが多く、時間がかかっていました。が、レジとバーコードスキャナーとを連携させることで、金額打ち込みの時間を削減することもできます。

しかも打ち間違いが減ることは、経理や会計担当者の人的コスト削減のメリットにつながります。POSレジによって多方面で無駄を省いた店舗運営や企業経営ができるようになるのです。

実際、従来のレジではできなかった操作や集計、データの分析が、POSシステムを導入したことでできるようになり、詳細な販売データを作成することで作業効率がアップ。売り上げなどが劇的に変化したお店もあるそうですよ。

POSレジについて興味を持っていただけましたら、「POSレジ」「POSシステム」についての知識をさらに深めましょう。以下、「POSレジ入門講座」内のページで紹介する内容を簡単に記載します。POSシステム導入に役立つ豊富な内容となっていますので、気になるページからご覧ください。

業務効率を高めるPOSの活用方法

POSの導入をするにはどういった活用方法があるのでしょうか。まずは、POSを導入することで得られるメリットを知り、自分の店舗に合ったものを選ぶようにしましょう。

フランチャイズ店と本部との連携がしやすくなる

POSレジやPOSシステムは、本部で一括管理されており、各店舗の様々な情報を集約しています。こういった本部と支店の連帯を取ることで、どんなメリットが生まれるのでしょうか。ここで、詳しく探っていきましょう。

本部側のメリット

POSシステムを導入すると本部側は、数ある店舗の売上げや情報をすぐに見ることができるので、売上げが低い店舗をすぐに見つけることができ、改善することができます。

お客様が商品を購入した時点で情報が入力されており、そのデータを集約して細かい分析を行います。POSシステムの導入は本部側でマーケティング戦略を立てるのに非常に役に立ちます。

支店側のメリット

支店側は、商品を売上げた時点で、在庫状況を自動で調整してくれます。さらに、在庫の計算も自動化されるので、自動で発注データを作成します。

これらの作業を人が行うと、かなりの業務量になりミスも増えてしまいます。POSシステムに任せることで、人件費の節約ができ、さらに商品の流通がスムーズになり、売上げを上げることができます。

会計がスムーズになる

POSシステムやPOSレジは当初、レジ担当者のミスや不正を防ぐ目的で開発されましたが、近年ではその機能性が進化し、レジ締めの作業の自動化や顧客情報なども管理できるようになりました。

店が混雑する時間帯には、スムーズな会計処理ができ精算時の計算ミスなどが減るので、店側は大きなメリットを得ることができます。店側がスムーズな会計をすることで、お客様をお待たせすることはないので、お客様も満足することができます。

商品やメニューの追加がしやすくなる

POSシステムを導入して、売れた商品や顧客の情報を集めていけば、自分のお店のことをより詳しく知ることができます。こういった作業を日々繰り返していけば、お店の売れ筋の商品がわかるので、売れる商品を多めに取り入れて、販売することで売上げアップにも繋がります。

POSシステムは分析能力に優れている

POSシステムを導入することで、様々な情報を瞬時に収集し、分析を行うのでリアルタイムで店の状況を知ることができます。店舗にわざわざ電話して状況を聞かなくても、ネットワークで連帯するといつでも情報を見ることができます。

特に経営者や店長という、人の上に立つ役職の人は店舗のことを誰よりも知っておかなければいけません。店のことを知っていると、部下やスタッフに有益なアドバイスをすることができ、信頼も大きくなります。

POSシステムは事業拡大に役立つ

POSシステムで集められたデータや顧客情報、売れ筋商品などを数字化することで、今後の経営戦略を立てるものとして、大変重要な情報となります。さらに、集められたデータは会計ソフトに取り込めるので年度末の作業量も少なくなり、会計士や税理士へのデータ送信がスムーズに進められます。

ここでおさらい!POSシステムとは

POSシステムについていちから説明し、システムの分類や歴史、使うことのメリットについてお伝えします。またPOSの用語についても解説していきます。

POSシステムの価格相場

POSシステムの導入を本格的に考えているオーナーさん向けに、システム導入にかかる費用の目安を3つのタイプ別にリサーチしたので紹介していきます。

POSシステムの価格相場についてはこちらのページで>>

最近増えているタブレット型のPOSシステム

最近では、POSシステムでもタブレット仕様のものが増えてきました。タブレット型POSについて仕様の確認、メリットや注意点をまとめたものを紹介しましょう。

最近増えているタブレット型のPOSシステムについてはこちらのページで>>

POSの仕組みを解説

POSの仕組みについて様々なタイプがあることを説明するほか、POSレジの周辺接続機器にはどういったものがあるのかについても紹介していきます。

POSの仕組みを解説についてはこちらのページで>>

POSレジの機能いろいろ

POSレジを使用するうえで便利な機能や、その機能を使用することで得られるメリット、店舗の運営にかかわる効果などについて紹介していきます。

POSレジの機能いろいろについてはこちらのページで>>

1.売上管理システム

POSレジの持つ機能の中で一番メジャーな「売上管理機能」について、機能の内容や「売上管理」の意味と必要性・重要性をご紹介していきます。

売上管理システムについてはこちらのページで>>

2.顧客管理システム

「顧客管理機能」について、機能の内容・意味や必要性をご紹介します。また現在、この「顧客管理機能」が注目されている理由についても触れていきます。

顧客管理システムについてはこちらのページで>>

3.勤怠管理システム

出退勤や欠勤などの状況を把握、勤務時間を守っているかを確認する「勤怠管理」は、企業の人事を扱ううえで欠かせないもの。勤怠管理の重要性や意義について、解説していきます。

勤怠管理システムについてはこちらのページで>>

4.ABC分析

ABC分析とは、商品を売上高などの重要度によって分類する方法のこと。耳慣れない言葉かもしれませんが、売り上げの分析には欠かせません。分析の仕方について、簡単な例を用いて解説します。

ABC分析についてはこちらのページで>>

5.レジの不正防止

経営者やオーナーさんたちのために「レジ不正」を防止する対策方法をご紹介します。 また、POSシステムが不正防止にも役立つことをご説明していきます。

レジの不正防止についてはこちらのページで>>

6.多店舗管理

多店舗の経営者やオーナーさんに向け、多店舗の一元管理ができるPOSシステム導入のメリット、また導入することでどのような効果が出るかも紹介します。

多店舗管理についてはこちらのページで>>

知っておきたい専門用語

POSシステムの説明では専門用語がいくつか出てきます。しっかり内容を理解するため、専門用語の意味を理解しておきましょう。

POSシステムに関連する専門用語

バーコード

「バー」というのは「棒」という意味で、棒と数字で構成されたコードのことです。一般的に市販される商品の多くに記載されています。

インストアコード

インストアという名前の通り、店舗内でのみ使われるバーコードのことです。一見すると一般的に流通しているバーコードと同じように見えますが、数字の意味などが独自のものになるため他店舗で用いることはできません。申請や維持のための費用がかからず、独自の管理体系が使えるというメリットがあります。

単品管理

小売業で行われる管理手法で、売上を最大限伸ばし、抱える在庫を最小限に抑えるという目的があります。POSシステムを使って商品を単品ごとに管理し、発注数、陳列方法などを改善します。