サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座 » 7.クラウドPOSシステム

7.クラウドPOSシステム

クラウドを取り入れたPOSについて

POSシステムに加えて、さらにクラウドシステムを導入するとより便利になります。クラウドシステムを導入すると何ができるでしょうか。

リアルタイムで店舗の売り上げ・在庫データを把握できる

店舗で集約された売り上げ情報は、一度クラウドのサーバーに保存されるので、売り上げ情報を好きな時に好きな場所で確認することができます。これは複数の店舗があっても、一括管理ができるので大変便利です。さらにクラウドシステムはネットワークに接続されているので、様々な情報を他の店舗と共有することができます。

クラウドシステムが利用できる端末タイプ

    • ターミナル型・・・

    導入数が一番多いPOSシステムで、コンビニやスーパーでよく見るPOSシステムです。商品を置ける大型タイプや、小さなテーブルに置けるような小型なものもあります。

    ターミナル型

    • PC型・・・

    WindowsやMacなどの汎用的なパソコンを使用してPOSシステムとして使用するタイプです。パソコンに専用の周辺機器を繋げて、POSシステムをインストールするので、POSシステムとしても普段のパソコンとしても使用できるので大変便利です。

    PC型

    • ハンディーターミナル型・・・

    片手で持てるぐらいのサイズで、POSシステムの専用端末として使用するタイプです。小型で持ち運びしやすいので、野外などの販売会場のPOSとしてよく利用されています。注文情報を手打ちで入力し送信すると、データベースに登録されます。

    ハンディーターミナル型

    • タブレット型・・・

    最近ではほとんどの人がスマホやタブレットの端末を持っていますが、これをそのままPOS端末として使用するケースも増えています。タブレット端末にPOSシステムをインストールして、使用するので広いスペースを必要とせず、レジ周りをスッキリさせることができます。

    データはクラウドのサーバーにネットワーク経由で保存されるので、店舗はタブレットやスマホを準備するだけでPOSシステムを使用できます。そのため費用も安いので中小企業に需要があります。

    タブレット型

    • スマートフォン型・・・

    スマホサイズなのでスタッフの一人一人が常に持ち歩くことが可能です。そのため、よくあるような「この服、色の種類は他にありませんか?」などという質問に、持っているスマホで在庫を調べお客様にすぐ伝えることができるので、お客様を待たせることなくスムーズな接客が可能になります。

    アプリをダウンロードするだけで、従来のクラウド型POSと変わりない機能性を発揮できるのも大きな特徴です。

    スマートフォン型

セキュリティ対策も万全

クレジットカードの第三者による不正使用やなどを防ぐために、最新のセキュリティ対策を実施しています。単に、個人情報の暗号化だけでなく、端末からサーバーに転送する区間の暗号化も行っているので、第三者に情報を読み取られることなく安全にネットを使ってデータをサーバーに送っています。

さらに、暗号化したデータを読み取る「暗号化鍵」も、クラウドシステムを供給する会社側がしっかり管理しているので安心できます。