サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座 » POSシステムの価格相場

POSシステムの価格相場

ここではPOSシステムの導入を考えている方へ、導入価格の目安や今後注目される軽減税率対応レジについて、紹介していきます。

POSシステム3タイプの価格相場と軽減税率対応レジ

POSシステムの導入を考える際に、まず気になるのは価格でしょう。いくらぐらいか分からないものの、「高額だろうなぁ」と何となく尻込みしているオーナーさんもいらっしゃるのでは?

多くのみなさんが浮かべるPOSシステムの専用機は、確かに決して安いものではありません。ただ、最近のPOSシステムはさまざまなタイプがあり、内容も種類も多様化されています。そこでまずは大きく3つのタイプを紹介します。

  • POSシステム専用機
  • POS専用機とタブレットの中間(多機能タブレット型)
  • タブレット型

以上に分類し、だいたいの価格目安と内容を比較検討してみましょう。

機種 機能 費用
POS専用機 小売店全般に必要な機能は充実している。業種専用に設計されている機種もある。 50万~
POS専用機とタブレットの中間型
(多機能タブレット型)
会計機能だけでなく、オーダーシステムとの連携もできる。
顧客情報管理や各種分析機能など、厳選された多彩な機能が備わっている。
35万~
50万
ぐらい
タブレット型 会計・集計といった基本的な機能に特化。必要な機能を追加できるが、機能の種類が限られている場合も多い。 10万円
ぐらい

たとえば一商品を例にとってみましょう。紹介するのは東芝テックのPOS。上記の表ではPOS専用機に該当します。

【東芝テックの場合】

  • 導入費用例:POSレジで約50万円、オーダーエントリー(=注文受け付け)システム約120万円
  • 操作端末:保守用PCは店舗側で準備、ハンディターミナルは東芝TECから購入可能
  • 周辺機器など:ドロワや各種プリンタやルータなど、東芝TECから購入可能
  • 月額費用:約1万円(売上管理システム)
  • 導入までの期間:要問い合わせ
  • アフターサポート:保守費用約3万5,000円。導入サポートは機器代金に含む。

POSシステムと一言でいっても価格や機能などに違いがあることが、お分かりいただけたでしょうか。製品によってはランニングコストが発生しますし、汎用性や操作性などにもさまざまな違いがあります。

高価で導入は難しい…と諦めていた方には、わりと価格の手ごろなタブレット型があります。コストを抑えたい方で機能的に十分なら、タブレット型を検討していいかもしれません。

注意すべきは価格面だけに捉われてしまうと、機能面での不便さや物足りなさを感じることがあります。コストを抑えたい場合でも、機能面や汎用性、操作性などにも目を向けることが大事。自身のビジネスに適したものを選択しましょう。

また、POSの導入にあたっては正規に購入するほか、中古商品の購入、レンタル商品、リース商品を使用する選択肢もあります。良いものを使用したいけれど初期投資を抑えたい方や、数カ月単位で利用して様子を見たい方は、リースやレンタルで検討してからでもいいのではないでしょうか。

【トピック】軽減税率対応レジについて

2015年12月18日に経済産業省より、消費税軽減税率への対応が必要な事業者の準備が円滑に進むよう、複数税率対応レジを購入する中小企業への支援が発表されました。

今が購入のチャンス!軽減税率対応レジ

そこでまず、「軽減税率」とは何か説明していきたいと思います。

軽減税率とは?

平成2017年4月から軽減税率がスタートすると、同じ店舗内での決済で複数税率が混在するケースが発生します。例えば、飲食店でテイクアウトの商品は税率8%ですが、店内で飲食する商品は税率10%となります。

今後、消費税率の見直しや軽減税率対象品目の変更など発生する可能性も十分。

複数税率対応や税率の見直しが発生した場合、現在使っているレジは対応が可能なのでしょうか?

◆対象者

  • 複数税率対象品(食料品など)を扱う中小の小売事業者等(資本金5,000万円以下または従業員50人以下)

※複数税率対応レジを持たない者に限る

◆補助率

  • 原則2/3

※3万円未満のレジ購入の場合は3/4補助

◆補助上限

  • 1台あたり20万円(商品マスタの設定が必要な場合には上記にプラス20万円で上限40万円)

◆申請期間

対象の導入期間と申請受付期間とに分かれます。

  • 対象の導入期間 2016年3月29日〜2017年3月31日
  • 申請受付期間 2016年4月1日〜2017年5月31日(消印有効)

詳しくはPOSレジ・システムの開発や販売の会社に問い合わせましょう。複数税率の導入で煩雑な作業が今後予想されるだけに、早め早めに手を打っていたほうが得策です。