サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座 » ここでおさらい!POSシステムとは

ここでおさらい!POSシステムとは

ここではPOSシステムとは何かについて、イロハから説明していきます。システムの分類や歴史、使うことでのメリット、POSでよく使われる用語についてもまとめました。

POSシステム初心者講座~POSシステムとは何か?~

「POS」は「Point Of Sales」もしくは「Point of Service」の略で、「販売時点情報管理」の意味を持つ商品の販売情報の管理システムのことです。レジで商品を売った時点で、商品名・金額などの商品情報や、配送、発注の詳細などの情報がコンピューターへ送られ、管理・集計できる状態になります。

導入における一番の利点は、販売実績情報を収集することができること。売れ行きの動向をオーナー側が把握しやすく、経営の向上に役立てることができる点です。

日本では機械式レジスターから、1970年代の電子式レジスターを経て、1980年代以降にPOSシステムが導入されてきました。アメリカでは1970年代から先行的に導入されていましたが、日本では80年代以降、特にパーソナルコンピューターの流通により、飛躍的に広がったと言われています。

システムにはいくつか種類があります。

●ターミナルPOS(専用機)
スーパーやコンビニなどで使用されているPOSシステム。大型のものから小型のものまで用途に応じて選べ、専用機だけにオプションも充実しています。

●ハンディターミナル型
ハンディターミナルをPOSシステムの端末として使用します。携帯性に優れ、バッテリーの持ちが良いタイプです。

●スマートデバイス型
タブレット端末やスマートフォン端末にPOSシステム用のアプリケーションをインストールし、利用するPOSシステムです。

●パソコンPOS
パソコンにPOSシステムをインストールし、POS端末として使うPOSシステム。本体がパソコンのため、メールなどPOSシステム以外の作業にも使えます。

POSシステムのメリットやよく耳にする専門用語

POSシステムがどんなものなのか紹介してきましたが、導入するとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

導入のメリット

POSシステムには多くの機能が搭載されています。例えば、商品ごとの売上やそれを購入した客層、どんな季節のどんな天候のときに売れたのかなどを具体的に分析することが可能です。他に、在庫管理、チェーン店での顧客情報の共有、勤怠管理などを行うこともできます。
このような機能を利用することで、企業は多くのメリットを得ることが可能です。まずメリットとして挙げられるのは、人件費が削減できるということです。売上計算を人の手で行う必要がなくなりレジでの作業もスムーズになるため、スタッフの人数を減らすことができます。その他、売上状況などのデータが残ることで、商品ごとに効果的なプロモーションを行えるようになります。

用語集

POSシステムを利用する上でよく耳にする専門用語をご紹介します。

カスタマーディスプレイ

カスタマーディスプレイというのは、レジに付属されているお客さんが見るためのディスプレイのことです。購入する商品の名前や個数、合計金額などを表示します。その他、レジ作業をしていないときには商品のプロモーションを流すことも可能です。

JANコード

バーコードと商品認識番号の規格の種類でJIS規格に基づいており、認識番号には13桁や8桁の数字のものがあります。

CTI

問い合わせや注文のために企業では電話を用意しています。CTIというのは、電話をかけてきた顧客の情報を表示する機能のことを指します。購入履歴などの利用情報を見ることで、顧客とのやり取りがスムーズになります。

専門用語を把握してPOSシステムの内容を理解し、導入を検討しましょう。導入には費用がかかりますが、メリットも多いため売上向上に役立ちます。

POS用語集

ここで「POS」を説明するうえで、よく耳にする用語について記載しています。

用語 説明
POSレジ POSに用いられるレジのこと。
POSシステム POSを実現するシステムのこと。
POSターミナル バーコードスキャナーが付いたPOS対応レジスターのこと。
ストアコントローラー POSシステムを構成する コンピューターの一つ。店舗内の情報を集約・管理し、中央システムと通信するための店舗売上管理コンピューター。