サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座 » POSの仕組みを解説

POSの仕組みを解説

POSの仕組みには、いろいろなタイプがあることをご説明します。また、POSレジの周辺接続機器にはどういったものがあるかにも、触れます。

POSシステムの仕組みとは?導入形態をチェック

まず、POSシステムの仕組みについて解説しましょう。

一般的にはレジを通して「いつ、どこで、どんな価格で、いくつ売れたか」という販売情報データの収集をします。収集したデータは会社で商品開発や在庫管理などに活用していきます。

このPOSシステムの導入形態にはいろいろなタイプがありますので、以下で説明しましょう。

多店舗管理タイプ

タイプ:実店舗を複数店展開している業態向け

全店舗の在庫データ・顧客情報・売り上げなどを一元で管理できます。

ポイント:例えば本店で商品が欠品した場合、その場で支店の在庫データを参照し、在庫に余裕のある店舗から取り寄せたり、発送するような対応が可能。

ネットショップ連動タイプ

タイプ:実店舗だけでなく、ネットショップ(自社EC)も運営をしている業態向け

実店舗とネット側の在庫データ、顧客情報、売上などを一元管理。

ポイント:実店舗とネット店舗の商品在庫が連動。会員ポイントのような顧客の情報も連動できるため、ネットショップ会員への割引サービスや実店舗への誘導などの販促活動も可能。

ネットショップ連動型(多店舗管理タイプ)

タイプ:実店舗を複数展開。並行してネットショップも複数運営している業態向け。

全店舗、及び全ショップの在庫データ・顧客情報・売上などを一元管理。

ポイント:商品のジャンルごと、ブランドごとなど、複数のショップを立ち上げることが可能。

周辺機器を紹介

次にレジ導入の際に必須となる周辺機器をご紹介しましょう。

  • プリンター(感熱タイプ、ラベルタイプ)

レシートや領収書の印刷に使われるプリンターです。LAN接続だけでなく、Bluetooth接続ができるものや、バッテリー内蔵のモバイル型もあります。

  • キャッシュドロワー(釣銭機)

USB接続式で、POS端末と連動するキャッシュドロワーもあります。会計の際に自動でドロワーが開いたり、釣銭を自動で計算して出してくれるものなど、便利な機能が搭載されているものがさまざまあります。

  • バーコードリーダー

バーコードリーダーには以下のようにさまざまなタイプがあります。

CCDバーコードリーダー(タッチ式):バーコードにタッチして読み取りを行う。

ロングレンジCCDバーコードリーダー:少し離れたところからの読み取りにも対応。タッチ式では読み取りづらい幅広なバーコードも読み取りできる。

レーザースキャナー:CCDよりも読取性能が高い。低精度のバーコードの読み取りにも対応できる。ハンズフリー操作が可能な機種もあり。

二次元バーコードリーダー:二次元コード(QRコード等)の読取に対応。360度どの方向からでも読み取り可能。

  • クレジットカードリーダー

クレジット決済の際に必要となるカードリーダー。業種を問わずに必須の機器です。

POSシステムとクレジットカードとの関係

日本のPOSシステムは、開発が進む欧米基準に追いついてきました。そこで日本で最近話題になっている、POSシステムとクレジットカードとの関係について見ていこうと思います。

導入の遅れ?実はセキュリティの問題

そもそも、クレジットカードがPOSシステムと連携していないのはなぜでしょうか。技術上の問題では決してなく、あくまでセキュリティ上の問題だからです。それは日本も世界も変わりません。

店側が情報を見るPOSシステム。カードを所有する利用者が、店側に情報が流れることを望むわけがありません。

ただ、店舗での利便性を考えればクレジットカードは今後もなくなるどころか、カードのやり取りはむしろ増えていくばかりでしょう。そこで日本政府が音頭をとって、以下の流れが加速しようとしています。

今後、経済産業省をはじめカード会社やカード加盟店、POS機器メーカーが一丸となって、2020年までにPOSとクレジットカード決済のオールインワンを目指していく動きが出ています。

欧米に比べてクレジットカードとの連動が遅れている日本も次第に便利になっていくことでしょう。それにつれ、POS機器メーカーの創意工夫に期待していきたいと思います。