サイトマップ >
HOME » 売り上げアップに必須のアイテム POSレジ入門講座 » 6.多店舗管理

6.多店舗管理

こちらでは店舗の一元管理について、POSを導入することによるメリットをご紹介します。また、POS導入でどのような効果がもたらされたかも解説していきます。

多店舗管理を一元化できるPOSの魅力

多店舗を経営するオーナーさんにとって、POSシステムはおすすめです。POSシステムを利用すれば、本部で各店舗(チェーン店を含む)の売り上げの集計をリアルタイムで確認することができます。また、各店舗にいなくても在庫の状況を把握できるので、店舗全体の売り上げや在庫管理のコスト削減にも寄与できるのです。

このように多店舗を一元管理することは、本部で素早く正確な情報を把握できることになります。さらに多店舗にまたがる従業員の業務の効率化がはかられるうえ、業務の負担を軽減することにもPOSシステムは役立つのです。

POSシステムを導入することで、具体的には以下のような効果やメリットが生まれます。

  • 各店舗に合わせたメニューを展開

店舗にあわせたメニューを作成する際にも、POSレジは非常に便利です。売り上げのデータからメニューを判断することで、年齢層による売れ筋商品も把握できて、それに応じた商品の発注ができます。

  • 共通の価格設定

全店舗共通で商品の価格を管理できます。このため店舗の負担が軽減することになり、価格のコントロールを本部で一元化できるのでとても便利です。また、キャンペーンの取り組みもスピーディーに行うことができます。

  • 使用データ項目を統一

新店舗オープンの際も、POSシステムは役立ちます。POSシステムがなければ、その都度、レジにメニューを反映させなくてはなりませんし、新規スタッフにメニューと価格を覚えてもらうにも時間がかかります。しかし、POSシステムを導入していれば、これらにかかる時間を削減できます。
また、オープン後のトラブルもPOSレジの導入により、防ぐことができます。

  • シフト調整

多店舗の運営で課題となるのが人件費です。そのため、効率の良いシフトを組むことで、人件費の削減につながります。POSデータには、お客の来店時間や退店時間も記録されるので、店舗のピーク時にあわせたシフト設定、また近隣店舗へのヘルプなども効率よく行えます。

  • 近隣店舗の集客状況確認

POSレジを使えば、各店舗の集客状況もリアルタイムで確認することができます。
例えば、満席時に予約なしのお客が来店した場合、POSレジで他店舗の状況を確認することで、近隣の店舗や系列店への誘導ができるのです。

  • 店舗間での情報共有

POSシステムを通して店舗間での情報を共有できるため、責任者が異動となった場合も運営に影響を出すことが軽減されます。